女性

リサイクルトナーの交換に迷ったらココをチェック

様々な現場で活躍している

3Dプロッタ

科学の発展に伴い、3Dプリンターが活用されている。その種類は様々であり、費用が安いものや、仕上がりが滑らかになるもの、精度が非常に高いもの、様々な素材を使用できるものなど各特徴がある。その活用場所は多く、建築や医療など多くの場所で活用されている。

純正品とリサイクル品

インク

リコーのプリンターを使用しているなら、メーカー純正品を使用したいものです。高品質できれいに印刷できて、故障してもメーカーがしっかり対応してくれるのです。しかし価格が高いのでリサイクルトナーを使用する手もあります。リサイクル品も品質管理を徹底して、良品しか市場に出していないのです。

試作品で商品提案

3Dプリンター

3dプリンターの登場で、従来の紙のデザインカンプと比較して、説得力のある提案ができるようになりました。3dプリンターは、複数の方式があります。本体も材料も低価格なものから、非常に高精細な造形はできますが、高価格なものまで、目的にあったものを選ぶと良いです。

リサイクル品のメリット

インキ

品質や保証は

複合機やレーザープリンターなどの場合にはインクとしてトナーが使われています。トナーは非常に細かい粒子であり、これを紙に転写することによって文字や図柄を印刷することができるというものです。トナーは1回あたりの交換には数万円と非常に高価ですが、印刷できる枚数から見るとインクジェットプリンターと比べると経済的です。しかし、それでも交換に数万円も必要であるため、純正品よりも安価なリサイクルトナーを選ぶケースも多くあります。リサイクルトナーは、使い切ったトナーカートリッジを回収し、清掃、点検した上でトナーを充填したものです。社外品であるためメーカー保証が行われなくリスクはありますが、多くのリサクルトナーは純正品と同等の品質を持っており、十分に使用に耐えることができます。ただリサイクルトナーは多くの業者が参入しているためメーカー選びが失敗しないためにも重要です。リサイクルトナーを選ぶポイントとしては、実印字文字数、環境試験を行って印字試験を行っている、また連絡先が明確で、製品の保証が明確であることです。特に保証に関してはリサイクルトナーにおいては重要で、不具合が出た場合の被害を最小限にすることができます。不具合としてはトナーを取り付けても上手く印字されないといったもので不良率は2〜3%と言われています。純正品の不良率は1%前後ですからリサイクルトナーの方が高めになります。このさいに無償で交換してくれることはもちろんですが、複合機やプリンターそのものに不具合が出た場合にも補償されるものを選ぶことがポイントです。