シロアリはゴキブリの仲間

シロアリという名前なので蟻の仲間だと思いがちですが、実はシロアリは特徴がゴキブリに似ていることから、ゴキブリの仲間に分類されているのです。

シロアリ駆除の流れ

問い合わせ

電話やメール、ウェブサイトから問い合わせを行いましょう。業者によっては24時間対応していますから、都合のいい時間に問い合わせることができます。

現地調査

業者が現地に来て、被害状況や発生場所などを確認してくれます。それをもとに見積もりを出してくれるので、疑問点などがあれば聞いておきましょう。

検討・作業日の決定

予算なども含めて、駆除を依頼するか検討しましょう。複数の業者から見積もりを取っておくと、比較できるのでいいですね。依頼する業者が決まったら、作業日を相談しましょう。

駆除作業

作業日当日は、専門知識を持ったプロのスタッフが駆除作業を行ってくれます。作業に関して気になる点や、分からないことなどがあればスタッフに聞いておきましょう。

支払

作業が終わったら、指定された方法で支払を行います。業者によってはアフターフォローを行っているところもあるので、もし再発した場合はすぐに連絡しましょう。

シロアリの発生にすぐ気付けるようにしよう

大事な家を守るためには、シロアリの発生にいち早く気付けるようになったほうがいいでしょう。そのためには、シロアリがどういう所に発生するのか、被害に遭いやすい場所はどこなのか把握しておくといいですね。

シロアリの被害にあいやすい場所

  • 床下
  • 外壁
  • 外周
  • 屋根
  • 屋根裏

シロアリ対策はシロアリの発生場所を知ることから始まる

困る人

湿気はシロアリの大好物

床下は湿気が溜まりやすく、シロアリの被害が最も多い場所です。床下換気を行って、湿気が溜まらないようにするべきですね。また、湿気はダニなどの繁殖にも繋がりますから、日頃から床下換気だけでなく、部屋全体の換気を行うようにしましょう。もしダニが発生していたらダニ駆除を自分で行うか、業者に依頼するといいですね。

シロアリを放っておくとどうなるか

シロアリが発生しているのに気付かなかったり、大した被害はないだろうと放っておいたりすると、シロアリの行動範囲はどんどん広がっていきます。その結果、家が荒らされるだけでなく、漏電が発生することもあるのです。また、食い荒らされてもろくなった家は、大きな地震がおこったときに倒壊しやすくなるでしょう。

定期的にチェックしておこう

シロアリは一度駆除して終わりではありません。再発する可能性が全くないとは言えませんから、定期的に点検を行った方がいいですね。定期点検を業者に依頼しておけば、忘れてしまうこともないでしょう。点検を行うことがシロアリ対策にも繋がります。

シロアリ対策をする

自分でもシロアリ対策を行うことはできます。ひび割れや傷がある場所を直す、木材を放置しない、腐敗しているところを直す、湿度を一定に保つなどが挙げられます。少しずつでもいいので、対策を取るようにしましょう。

[PR]
シロアリ対策情報♪
快適に暮らせる住まいへ

シロアリ駆除の方法を比較しよう

ベイト剤を使用する

脱皮阻害剤であるベイト剤を設置し、働きアリの駆除を行う方法です。働きアリが駆除され減少することで、女王アリの餓死を狙うことができます。効果が発揮されるまでに時間はかかりますが、再発防止の観点から見ても効果が高いと言えます。

液剤を使用する

液状の駆除剤を薄め、スプレーで吹きかけたり刷毛で塗ったりする方法です。広範囲にわたってシロアリ駆除ができますし、侵入を長期間防ぐことも可能です。広範囲に薬剤を散布するため、臭いが長時間残る可能性があります。

[PR]
スズメバチの巣駆除依頼を!
刺されると大変なことに

[PR]
床下換気の害虫対策
専門業者に設置してもらおう

[PR]
ダニ駆除なら専門業者に頼もう☆
住宅の悩みを解決しよう

広告募集中